2017年8月10日

その知識、間違ってます

最近、立て続けに対象者がアパートか、異性自宅のお泊りパターンだったので、誤解の無い様に書きたいと思います。


17:00 対象者の勤務終了時間と共に調査開始

17:25 対象者、職場から自宅へ

17:55 対象者、自宅を後にする

18:05 対象者、異性アパートへ (A)

18:50 対象者、異性と共に異性宅を出発

19:14 対象者、異性と共に某レストランへ

20:05 対象者、異性と某レストランから出る

20:29 対象者、異性と共に再び異性アパートへ (B)

23:10 異性、対象者を異性アパートに残し歩きで外出

23:14 異性、近所のコンビニへ

23:20 異性、帰宅

07:05 異性、出勤の為、異性アパートを後にする(C)

07:30 対象者、異性アパートを後にし自宅へ(D)


ここで、皆さんに問題です。


Q1 我々が、張込んで一泊のお泊りを撮る為に、必要な張込の時間は何処から何処まででしょうか?



結論を言うと17:00から(D)迄です。

職場から直行して、異性のアパートに行く対象者もいれば、上記みたいに、一旦自宅に戻り、それから、異性のアパートに行く対象者もいます。したがって、退勤後から尾行します。(相手は宇宙人なので、街をブラブラしてから行くケースも当然あります。)


Q2 (A)の所で写真を撮って、また朝の7時位にいって(C)と(D)を抑えれば良いんじゃないの?



大きな間違いです。滞在時間を証明できません。対象者は異性と共にレストランに行っており、また、異性がコンビニに行ってます。裁判でレストランとコンビニのレシートを出された場合、(A)から7時までの時間の行動をこちらが証明できません。裁判所にこの写真本物?って疑われて証拠の価値がありません。


Q3 五郎さん疲れたら少し寝てください



良く、依頼者に言われるのですが、それは、出来ません。寝てる間に出ていかれたら全てパーです。なにより、滞在時間を証明する為に、30分に一回は必ず写真を撮っています。過去には朝の3時に部屋の電気が点いて、3時30分に二人で出て来た事があります。


Q&Aで書いてみましたが、物事はそんな簡単にはいかないですよね・・・
正直、自宅なりアパートの方が、ラブホより多くの時間がかかります。つまり、料金は抑えていますが、どうしても、時間が多い分料金が上がってしまうのは、申し訳ない所と考えています。





浮気、離婚問題が専門の望月行政書士事務所と
行政書士が運営する、安心、適正価格の興信所!!
浮気調査、素行調査、行動調査、家出、ストーカー対策、各種調査
新潟県、長野県、富山県、石川県に対応しております。