2016年10月27日

KZ

清々しいクズの物語です。(因みに調査はしていません)


依頼者が、対象者に浮気を問い詰め、対象者が白状しました。
弊所は、対象者が「ゲロったけどどうしましょ?」の段階でお電話を頂きました。

ここまでは、良くある話ですが、ここからが斜め上の内容でした……





「私は、あなたと別れてさっさと相手に乗り換える」
「何か悪い事してる?」
挙句、バレてからは、相手の異性の家で過ごしだす。



本物は一味も二味もちがいます……



当然、対象者の親、異性の親は大反対!
ダレーも祝福はしません。むしろ両方勘当レベル



依頼者も、業が煮えたのか「この、クズ!」と思わず叫んだそうです。
(ヘラヘラしてたそうですが………)



結果として、依頼者は、対象者から慰謝料300万の書類に、キッチリ判を押させ、再出発されました。



9月、10月は依頼者、対象者、異性それぞれに名言が多かった気がします。暮れに名言のランキングでも作って見ようかな………





浮気、離婚問題が専門の望月行政書士事務所と
行政書士が運営する、安心、適正価格の興信所!!
浮気調査、素行調査、行動調査、家出、ストーカー対策、各種調査
新潟県、長野県、富山県、石川県に対応しております。